調査レポート
大晦日の昔・今


「みそか」というのは晦日・三十日と書き、毎月の最後の日のこと。月がこもる頃という意味から、「つごもり」ともいいます。
おおみそか(大晦日)は、1年の一番最後の日。今はテレビの歌番組やカウントダウンイベントなどでにぎやかですが、
昔は家族総出でお正月の準備をしたあと、年越しそばを食べながら、静かに除夜の鐘に耳をすましたようですね。

お供え
 ◆現在の子どもたち
  • 鏡餅…180
  • しめ飾り…149
  • 門松…8
  • リース…2
  • 花…3
  • 榊、酒
  • 神様に大根の味噌汁を供える。
  • 仏壇に餅を供える。
  • 一夜飾りは避けている。
  • お鏡餅を玄関、台所、便所、床の間、机の上などに飾る。
  • 裏白、餅、干し柿、栗、たつくり、葉付きみかん。
  • 餅の上にみかんを載せてするめ、干し柿、のし昆布もいっしょに供える。
  • おばあちゃんの家でもちをついて、お供え餅を作った。
  • 30日にもちつき器でもちを作ります。鏡もちを家族全員で作ります。
  • しめ飾りは31日夕方おじいちゃんが飾ります。
  • 30日にしめ縄・鏡餅・門松を飾る。
 ◆おじいちゃん・おばあちゃんの子どもの頃
  • 鏡餅…86
  • しめ飾り…65
  • 門松…13
  • 御供物…5
  • 干し柿…3
  • みかん…4
  • 花…3
  • お神酒に松をさす、洗米、お神酒、頭つきのいわし、床の間に葉牡丹、果物、松の枝、栗、黒豆
  • 鏡餅の飾り(こぶ、干し柿、裏白、だいだい。)(えび、みかん、昆布。)
  • 神様に大根の味噌汁を供える。
  • 床の間、仏様、神様、井戸、くど神様に鏡餅を供える。
  • 便所に大根にローソクをたて火をともす。
  • 飾る日も、言われも色々あるんですね。大根とローソクのキーワードは何を意味しているのでしょうか。
 ◆お父さん・お母さんの子どもの頃
  • 鏡餅…150
  • しめ飾…130
  • 門松…16
  • 御供物…11
  • 酒、花餅飾、榊、干し柿…2
  • するめ…2
  • 和菓子、果物
  • 車、自転車、玄関、水の神様、火の神様にお供え。
  • 仏壇に餅を供える。
  • お餅と糸昆布、栗、豆を供える。
  • 枝に花餅を飾り、大きな枝にクリスマスツリーの様に正月用の飾りをする。(岐阜古川)
  • 裏白、餅、干し柿、たつくり、栗、みかん。
  • お鏡餅を玄関、台所、便所、床の間、机の上などに飾る。
  • 鏡餅としめ縄を1年世話になった車や井戸やテレビや机、台所などの上に飾りローソクを燈して感謝の心で手を合わせた。
  • 28日頃おばあちゃんの家で餅をつく。
  • 29日につく餅は「ふくもち」といって縁起がよいとされ必ず毎年29日についた。
  • 30日にうすでついた小さい丸餅を31日に神様がいるという所に飾った。
  • 25日頃に門松を立て、玄関にしめ飾りを飾る。
  • 床の間に大きな鏡餅、各部屋に小さな鏡餅を飾る。




          

年越し料理
 ◆現在の子どもたち
  • 年越しそば…157
  • すき焼き…5
  • 年越しラーメン、年越しうどん、いわしの丸干し…2
  • 年越し料理…20
  • とん汁、沖縄料理、お寿司…2、カニ刺身など、ぶり、お頭付きのたい…2
  • 鍋物…3
  • 手巻き寿司、餅…2
  • 煮豆…2
  • おせちの残り、特になし。
  • そばは、子供達も食べれるように夕食に食べる。
  • おせちを年越し料理として食べる。
  • 煮物(大根、人参、こんにゃく、こぶ、ごぼう、豆腐、イワシ、煮干、揚げ、里芋。)
  • 毎年すき焼きやお頭付きのたい。
  • いわしと豆腐汁、お煮しめなど。
  • 除夜の鐘を聞きながら家族そろって年越しそばを食べる。(そばのように長く無事と言う意味)
  • 餅つきの時大根おろし、あんこ、きなこで食べる。
 ◆おじいちゃん・おばあちゃんの子どもの頃
  • 年越しそば…50
  • 豆、栗、年越し料理…12
  • お頭付きのイワシ(年越しイワシ)…7
  • ハマグリのお汁、年越し汁(大根、貝、あげ、豆腐、豆)とご飯、豆腐のみそ汁、五目、おつけ、赤飯、うどん、黒豆、昆布、煮物(切干大根、里芋、人参、油揚、昆布、ちくわ、しいたけ、レンコン)…7
  • さんま、おせちの煮しめの残り、お餅、お寿司、かずの子…3
  • おせち…2
  • すき焼き…2
  • タイのお頭付き、煮豆、ぶりの塩焼き。
  • 除夜の鐘を聞きながらそばを食べる。
  • 自家製の豆腐を作る。
  • いろいろな豆腐を沢山作る。(函館)
 ◆お父さん・お母さんの子どもの頃
  • 年越しそば…126
  • すき焼き…8
  • お雑煮…2
  • 年越し料理…22
  • イワシの丸干し(年越しいわし)…8
  • 沖縄料理、お寿司…2
  • 鍋物…3
  • 煮物(大根、人参、こんにゃく、こぶ、ごぼう、豆腐、イワシ、煮干、揚げ、里芋)…6
  • 数の子、えび、煮豆2、けんちん汁、うどん、おせち…3
  • 刺身、みそ汁、蜜柑
  • 除夜の鐘を聞きながらそばを食べる。
  • 年越しそばに牡蠣が入っていた。
  • 野菜の煮物が中心の料理。
  • 母がかならず糸昆布の入った野菜の煮物を作ってお頭付の焼き魚を食べた。
  • いわし、煮物、昆布、芋、にんじん、厚揚げ、などの煮物。
  • めざし、はまぐりのみそ汁。





          

お正月の準備
 ◆現在の子どもたち
  • 大掃除…70
  • おせちを作る…50
  • 餅つき…11
  • 準備…11
  • お花を飾る…4
  • 買いだし…3
  • のし餅を切る、帰省の準備…2
  • 年賀状…2
  • お年玉…2
  • 仏壇の掃除
  • だし巻き卵、煮しめなど31日に重箱に詰める。
  • 実家へ帰省する為お供え物をするくらいで特になし。帰省の準備がお正月の準備という感じ。
  • おばあちゃんの家に行き餅作りを手伝う。
  • 大掃除をして新年をきれいに迎えるようにする。
  • 大掃除は12月28日と29日でします、31日はなるべく掃除はしません。
  • 新しい下着や服の用意、29日か30日に実家の方で親戚が集まって餅つきをする。その時鏡餅とお雑煮用に切り分けます。
  • お年玉の準備。おとその用意。
  • 松・竹・梅を生ける。
  • 金屏風を立て正月の準備。





         
 ◆お父さん・お母さんの子どもの頃
  • 大掃除…90
  • おせちを作る…57
  • 準備…11
  • 餅つき…25
  • のし餅を切る…2
  • 餅買い、豆腐を作る(岐阜)、門松立て…5
  • 正月の花を床の間に飾る…3
  • 煮物、神棚にお供え…2
  • 下着や箸・茶碗を新しいものにする、掛け軸をおめでたいものにする、仏壇や神棚にお参りする、買い出し(正月3日用・おせち用)…3
  • お屠蘇を作る、店の手伝い、お寺参り、正月の服を買う。
  • 年に一度神棚から神様を下し掃除する。
  • 一年のアカを落とすため風呂に入り、パジャマ、下着を全て新品にした。
  • お正月に食べる物を買っておきました。(昔は今のようにお正月に開いているお店がありませんでした。)
  • 障子の張替え(普段は障子を破くと怒られたがこの日ばかりは思い切り破くことができとても楽しい事でした。)
  • 母親と一緒に、煮物、揚げ物、その他15品目ぐらい作って元日2日は食べられるように準備しました。
  • 門松、しめ飾り、御餅の準備。
 ◆おじいちゃん・おばあちゃんの子どもの頃
  • 大掃除…39
  • 餅つき…24
  • おせちを作る…17
  • のし餅を切る、準備…13
  • 掛け軸交換、仏様・神様の掃除、障子張り…2
  • 笹竹青松飾、花飾り、はれぎの準備…2
  • 煮豆…2
  • 根菜類の煮付けを作る、門松作り、しめ縄作り、たつくり、昆布巻き。
  • お餅をつく日は、28日、30日。
  • 障子の張替え。
  • 臼でお餅をついた。
  • 新しい下着や洋服、下足、足袋のようい。
  • 裏白をとってきてしめ縄を作る。
  • 一夜飾りはよくないので30日に飾る。

その他
 ◆現在の子どもたち
  • 洗車、紅白を見る…3
  • 神社の甘酒が楽しみ、おばあちゃんの家に泊まって年越しをする…2
  • その他…11
  • 毎年一泊だけの旅行、神社・お寺へお参り、別に何もしない。
 ◆お父さん・お母さんの子どもの頃
  • 家族でレコード大賞・紅白を見る…6
  • 門松作り…2
  • グラチャン、お墓に松を飾る、年賀状、榊の交換、年越し参り…2
  • この日だけ夜更かしさせてもらえました。
  • いつもより早く風呂に入り着物を着て一年を清める。
  • 大そうじ後、本家へ行き、神社・お寺へお参りに行く。
  • 大晦日に豆まきをして1年間のおはらいをして、来年がいい年になるように願います。
  • お正月を迎える為に家中のタタミを庭に出し、家の中をすすはらいし、タタミはたたいてほこりをとった。
  • ローソクをともす。
  • 紅白が終わったら初詣に行った。
  • お正月の服を買ってもらった。
 ◆おじいちゃん・おばあちゃんの子どもの頃
  • あわ餅・きび餅を作る、洗車、花餅飾り作り、紅白を見る、年賀状、各入口にお供え、床屋、美容院、榊の交換。
  • 父が山から大きな木の枝を切ってきて花餅をつけたり折り紙をつけたりした。(白川)
  • 身体をきれいに洗った。(身を清める意味)
  • 食事の時、何時でもよいから残すこと。(来年も食べ物に困らないように)
  • お灯明(大根の輪切りにマッチをさして、ろうそくを立て、主人の帰りを待つ)
  • 日頃は質素でもお正月はご馳走が頂けるのでとても楽しみでした。
  • 家族で紅白をみて除夜の鐘をつきに行く。
  • 除夜の鐘を聞いた後近くの神社にいき蜜柑をもらう。


         

戻る

直線上に配置
トップ 航空写真 調査レポート 校区内のお話 隊員紹介 掲示板 隊員募集 お願い
(C)Copyright:篠原なんでも調査隊 2001-2002 All right reserved