調査レポート
節分の昔・今

節分は各々の家庭で色々な方法で行われていることがわかりました。
習慣の違いとその理由が知りたくなり、もう少し詳しく調べてみました。こちらをどうぞ。


現在の子供達
豆を食べる ヒイラギ・いわしの頭を飾る
  • 年の数より一つ多く食べる。
  • いわしをわらでいぶり、頭とヒイラギを玄関に飾ると、1年間家に厄が入ってこないといわれる。
  • 豆を一度に年の数だけつかんで食べるといい事がある。
  • いわしの煙で鬼が逃げるので豆を投げて追い出す。
  • 豆を自分の年の数だけ食べると厄除けになる
  • 豆まき後、豆を年の数だけ拾って食べる。
豆まきをする その他
  • 外に豆をまいたら、すぐ戸を閉める。
  • 豆の数や方角にはこだわらない。
  • 家族の一人が鬼になり豆まきをする。
  • いわしを食べた。いわしは、魔よけと言われていた。
  • 玄関から外に向かって「鬼は外」といって豆をまく、各部屋に「福は内」といってそれぞれ豆をまく。
  • 笠寺観音へ参拝した。


  • 巻き寿司を一本丸ごと恵方の方を向いて食べ終わるまで無言で食べると願い事がかなう。

お父さん・お母さんの子供の頃
豆を食べる ヒイラギ・いわしの頭を飾る
  • 自分の年の数を一度につかむと食べられるが、出来るまで何度でもやる。
  • 鬼がヒイラギのギザギザ(が目につく)といわしの頭のにおいをきらって逃げるので玄関の両脇にかざると良いと聞きました。
豆まきをする その他
  • 「鬼は外」といって外に豆をまきすぐに戸を閉める。
  • 節分の日は夕方早く帰らないとおこられた。(鬼にさらわれると言われた)
  • 食が満足でなかった時代なので、次の日の朝、そのまいた豆を拾って食べるのが楽しみ。
  • いわしを食べる。(いわしを焼くにおいを鬼がきらうと言われた)
  • 玄関から外に向かって「鬼は外」と豆をまく、各部屋に「福は内」と豆をまく。
  • 家族全員がそろって行う行事であった。
  • 部屋の窓、玄関を開けて「鬼は外、福は内」といいながら豆をまく。家の中の鬼を外に出して、外の福を家の中に入れる。
  • 巻き寿司を一本丸ごと恵方の方を向いて食べ終わるまで無言で食べると願い事がかなう。
  • 茨城県では豆は大豆ではなく落花生でした。
  • 近所のお寺で安全祈願のために豆をまく。
  • 私の実家では豆まきは12月31日の大晦日に行います。その年の悪い事をはらい、新しい年を迎えました。

おじいちゃん・おばあちゃんの子どもの頃
豆を食べる ヒイラギ・いわしの頭を飾る
  • 年の数より一つ多く食べる。
  • いわしを食べて その頭をヒイラギにさしてかざる。
  • 豆の木を外で燃やしていわしを焼いた。頭を豆の木にさして、ヒイラギといっしょに玄関に飾った。燃やす時に歌を歌った。「いわしのかぶやきやき おにの目もついてやれ」
  • ヒイラギは魔よけでいわしの頭は臭み。
  • わらと大豆の木を玄関の所でもやし、いわしの頭をあぶって「いわしのかぶやきやき」「鬼の目つきひいらぎ」と言った。
  • 馬頭観音へ厄除けのお参りに行つてから、家で豆の木を燃やしながらいわしを焼き、その頭をヒイラギの枝といっしょに玄関に飾る。
その他
  • 座敷からまいてゆき、全ての部屋(トイレ・フロ場も)をまいたら、最後に玄関から鬼を出す。
  • いわしを焼き魚にして夕食のおかずで食べた。
  • 家の中では、神棚や床の間、火の神様などにも豆をまいたそうです。その後年の数だけ豆を食べ、残りは臼で豆をつぶしてお餅といっしょについて食べたそうです。
  • 祖々母が子どもの頃は節分に何かをした覚えはないそうです。戦後、雑誌などで節分の行事があることを知ってやるようになったと言っていました。
  • 夜の12時に近所の寺から鬼が来て、それに向かって「鬼は外、福は内」と言って豆をまいた。
  • 節分の日だけは早く帰らないとおこられる。(鬼にさらわれる)
  • 豆だけでなく、キャラメル・包み菓子をまぜてまいた。
  • 巻き寿司を一本部屋の中を真っ暗にして東を向いて無言で食べる。
  • 夜遅くに豆まきをする。
  • 竹ざおにめがごをさして、縦にし、屋根にむけた。めがごは、竹であんだ、直径30cmほどで、昔はよく野菜を入れていたもの。
  • 豆をまくのは、その家の家長のみとされる。
特別何もしない
  • いわしの丸干し、はまぐりの味噌汁、野菜と昆布の煮物などを食べた。
  • 商売をしていたので、忙しく特別な事はしなかった。
  • こんにゃく、揚げ、芋の煮物を食べた。
  • 食べる物が欠乏していたので豆はまかない。
  • 仏様や神様に豆をかざる。
  • 一升ますにいわしと豆を入れ、近所のお寺で豆をまき、年の数だけ豆を食べる。

戻る

直線上に配置
トップ 航空写真 調査レポート 校区内のお話 隊員紹介 隊員募集 お願い
(C)Copyright:篠原なんでも調査隊 2001-2004 All right reserved