篠原小周辺自然観察会
内津川での水生生物観察

なんでも調査隊主催で実施した自然観察会です。

目的 篠原小学校周辺乃内津川、高貝用水、地蔵川の様子や水生生物、水質を中心に
調査、観察し、自然に対する興味、関心を高めると共に、現在の様子を記録する。
また、よりよい環境を保つために何が必要かを考える
様子 参加者、生徒約50名、保護者約30名が参加、楽しく水に接し、水生生物
(魚、えび、かに)を観察し、著名な小川先生の魚の生態系の話を聞くことが
できました。
また、内津川、高貝用水、地蔵川の水質調査も実施しました。

写真をクリックすると拡大表示されます。拡大表示から戻る場合は、ブラウザーの「 戻る」ボタンをクリックしてください。

受付です。さあ並んで、並んで〜
まずは、隊長の挨拶から 挨拶を待つ参加者の皆さん ちびっこが先頭でいざ内津川へ〜っ 小川先生の川の生き物を捕まえ方講習

じゃぶじゃぶと魚とりの開始、水はきれいだし 隊長も我を忘れて、童心に返り、魚とり 川えびもたくさんいて、みんなびっくり 春日井ケーブルテレビの取材もあって、本格的 小川大先生の皮の生態系の話にふんふん

ちなみに水質が悪い地蔵川は酸性、高貝用水は中性からアルカリ性、内津川はアルカリ性。
地蔵川、何とかきれいにならないかな?
小川小先生の話は、小さな子供にもわかりやすかった おもしろい、興味のある話が続く みんなで集まって、ブラックバスなどを見てる 採取した、内津川、高貝用水、地蔵川の水

雑草に両堤を覆われ、水も濁った地蔵川 高貝用水の水質調査で水を汲む 高貝用水での観察 透き通ってきれいな清流に棲むウグイとバラタナゴ 在来種の天敵ブラックバスと在来種


ウィンドウを閉じる

直線上に配置
(C)Copyright:篠原なんでも調査隊 2001-2004 All right reserved